災害時の取り組み

災害時への取り組み

東日本大震災の際、自衛隊の要請によりマイクロレボライスが被災地への救援物資として利用されました。

これまでに起きた自然災害でも非常食としてたくさんの人に喜ばれてきました。

災害時への取り組みについてご確認いただけます。

過酷な状況の中で、
本当においしい非常食を届けたい!

本当においしい非常食を届けたい。

平成7年、6400人の命が奪われ30万人以上が被災した阪神・淡路大震災。

そして平成23年、未曾有の大震災 東日本大震災が起こりました。

震災によって跡形もなくなった町並み、大切な家族や友人をなくした悲しみ、被災者の方々は途方もない不安と過酷な生活を強いられています。

その復興支援のために出動した自衛隊員は、永岡商事のレトルト食品を携行し、被災者の方々もその食品を求めてくださいました。

敏速であり美味しい!
これが我々が目指す非常食です!

迅速でありおいしい。これが我々が目指す非常食です。

「ただ商品を納めるだけじゃなく、いまあるものをより高めて活かしていきたい。それが災害時の被災者救援なのです。」

非常時でも普段の食事と同様の味を被災者の方々に提供したい。その思いで現在も新商品の開発を行っています。

平成25年に自衛隊向け400gの「国防食」、平成26年には一般向けに賞味期限5年の「ストックライス」が誕生いたしました

これらは、東日本大震災当時、自衛隊員をはじめ、被災者の方々からも多く必要とされた「マイクロレボライス」が原点です。